Blog

ブログ

h
2016.03.05

連休取れない方必見!1日でも楽しめる箱根湯本♪ 〜春のスイーツコレクション〜後編

この記事は「連休取れない方必見!1日でも楽しめる箱根湯本♪ 〜春のスイーツコレクション〜前編」の後編です。前編がまだの方はよろしければそちらもご覧ください!

13:00@箱根湯本駅

風祭駅から登山鉄道で10分くらい。
午後は箱根の玄関口である箱根湯本駅をお散歩♪

駅前には美味しそうなお土産屋さんがずらり。

新鮮な海の幸も山の幸も、美味しいスイーツも美味しいものが一度にたくさん楽しめるのが箱根の良いところですよね♪

13:30@茶のちもと

駅前の商店街をあるいていると和菓子の老舗【ちもと】さんに到着!

s_DSC_0188

ちもとさんは箱根のお土産として大人気の和菓子屋さんです!隣にはちもとさんの世界を味わうことができるカフェ【茶のちもと】さんが併設されています。

茶のちもとさんも箱根スイーツコレクションに参加中です!

s_DSC_0187

白を基調とした店内はテーブルも壁も全てが柔らかなカーブになっていて落ち着く優しい印象です。

s_DSC_0181

箱根スイーツコレクション限定のスイーツは「結」。1日20個限定で、お昼のこの時間でもあと残り僅かな人気っぷり。

プレゼント型の見た目がとってもキュートです。透き通ったリボンは寒天ベースの錦玉羹(きんぎょくかん)、餡をメインに使用したしっとり食感のスポンジは浮島(うきしま)という和菓子。

しかし中の白い層はパンナコッタと和洋折衷なスイーツは見事な調和。毎日頑張る自分への甘いプレゼントです。

とっても甘いスイーツには程よい苦みのあるお抹茶がピッタリ!お家ではお土産に大人気のちもとさんの和菓子を楽しもうっと。

14:00@箱根をお散歩

いっぱい食べたら運動してカロリー消費!

どこへ行くかは観光案内所でもらったパンフレットを参考に。パンフレットを見ると箱根湯本にはパワースポットがたくさんありました!

今回の最終目的地である温泉に向かう途中で見られる場所を巡ります。どんな神社やお寺なのかわくわくしながらにお散歩開始♪

途中にスイーツコレクションのディスプレイが!

s_DSC_0189

今度はコレも食べたいな。笑

5分ほど歩いたら温泉の神様【熊野神社】に到着。

s_DSC_0195

ここは、紀伊熊野三山のひとつ熊野速玉大社の御祭神「熊野速玉大神」を祀っているそう。

社殿の下には箱根七湯発祥の源泉(箱根最古で現役の自然湧出源泉「惣湯(そうゆ)」)があります。奈良時代に釈浄定坊によって発見されたと伝わる古湯です。

9/9の例祭では、温泉分湯授与式や湯汲神事が行われています。温泉を引湯する地域の旅館や各家庭の人々が温泉治療と無病息災を祈願して、温泉を供え、温泉に感謝するお祭りなんだそう。箱根の温泉をこれからも見守って下さい!

次に見えて来たのが【函嶺洞門】。

s_DSC_0204

函嶺は箱根の異名。

昭和6年に完成した函嶺洞門は中国の王宮をイメージした造りで当時では珍しいデザインと工法で落石防止のためにつくられたそうです。現在は閉鎖され土木遺産になっています。

話がそれますが皆さんはお正月に箱根駅伝はご覧になりますか?

私の家では毎年お持ちを食べながら頑張る大学生の走りを見るのが恒例行事で、このトンネルが箱根駅伝のコースにあったときは抜けると順位が変わってたり色んなドラマがあったなー。

と、つい思い出を振り返っちゃいました。駅伝コースに含まれていたのは2014年までなのでつい最近の事ですが。

次は火伏観音と深沢銭洗弁天に向かいましょー。地図によると塔ノ沢駅の近くみたいなので、とりあえず駅に向かってみます!

s_DSC_0210

駅までの階段の段数が多く、さらに細い道を抜けるので、運動不足の人はちょっと息が上がっちゃうかも。

細い道が終わった!と思ったら目の前には塔ノ沢駅が。普段は見かけない無人駅に驚きながら駅を眺めていると…

反対側のホームに【火伏観音】と【深沢銭洗弁天】を発見!

s_DSC_0226

しかも駅のホーム直結です。
なんだか不思議な光景です。

駅のホームだからお金かかるのかな?
と思ったのですが、電車に乗車する時にのみICカードをタッチする方式でした。
お金も払わずに駅のホームに立つのもまた不思議体験です。

深澤銭洗弁財天は昔は麓にあった弁天池のほとりにあったそうですが、1926年に移転。

火伏観音も早川沿いの岩場に祀られていましたが昭和の初めに深澤銭洗弁財天のそばにお引っ越ししてきたそう。

あまり人の多くない場所なので時間が止まったような不思議な空間です。

ここでも何か良い事あるようにお祈り。

電車の音がするな、と振り返ると丁度電車が着ました!

s_DSC_0231

赤い車両がグレーの景色を華やかに彩ります。

それにしても鳥居と電車が近すぎて変な感じです。

もう1踏ん張り!階段を上りきるとこの旅最後の目的に到着です。

s_DSC_0275

15:00@箱根湯寮

【箱根湯寮】さんは2013年春にオープンしたばかりの日帰温泉施設。
「古民家風の里山温泉」をイメージした、
首都圏最大級となる19室の貸切個室露風呂が大人気の施設です。

s_DSC_0259

中に入ると、お香の良い香りが。
一歩踏み入れただけで、非日常的な癒しの世界に引き込まれますー。

温泉での「お湯のおもてなし」はもちろんのこと、充実したお食事で、「食のおもてなし」も大切にしているそうです。

温泉に入る前に食事処「囲炉茶寮 八里(いろりさりょう はちり)」さんでお散歩で疲れた身体に甘いスイーツでご褒美を。八里さんには囲炉裏席もあり豪華な炉端焼きも楽しめます。

しかも今回は箱根スイーツコレクションの参加店と言う事でお目当てはスイーツ♪

わくわくしながら待っていると、ピンクのリボンで封をされて大きなお皿【春の霜】が登場!

s_DSC_0261

リボンを解くとそこには和テイストのスイーツが。

s_DSC_0270

サクラの花が春を感じさせます。

今日は一人だし気にせず豪快に手でアイスにかじり付いちゃおうっと。「食べる順番で口に残る印象が全然違うんですよ」と店長の佐藤さん。

私はイチゴのスフレを最後に食べたので後味さっぱりでした。旅の〆には温泉でリフレッシュ。日帰りの方にオススメの選べるお食事とセットになったお得な「湯ったり」チケットを購入。

s_DSC_0280
熱すぎないサラッとしたお湯と箱根の自然を楽しんでいると時間があっという間にすぎちゃいました。

箱根湯寮さんでは最近人気のロウリュウも1時間置きに開催。私も2回挑戦して汗をたっぷりかいてスッキリ。温泉とサウナのダブルの効果でお肌ツヤツヤ。

せっかく綺麗に洗ったし、一人だしすっぴんで帰ろう。チケットを使って夜ご飯。人気は天丼だそうですが、私はカツカレーを注文。

s_DSC_0286

明日からの日常にカツ(勝つ・喝)!なんちゃって。食べる順番はサラダからにして一応ダイエットを意識してみました。カレーのスパイスで内側からも温めて。

20:20@箱根湯本駅

箱根で過ごした1日も終わり。食べたい物を食べたいだけ食べて、箱根の自然に触れてリフレッシュ。

本当はお泊りしたい所ですが、朝から充実した満足度の高い1日でした。

明日からの仕事も頑張れそうです♪

s_DSC_0293

余談ですが、翌日体重を測ったらむしろ痩せていてびっくり。

お肌はツヤツヤだし、体はほかほかだし、文句なしのコンディションで暴食ストレス0でした!皆さんの箱根旅行の参考になったら嬉しいです。

ありがとうございました☆

前編はこちら→「連休取れない方必見!1日でも楽しめる箱根湯本♪ 〜春のスイーツコレクション〜前編

【店舗情報】

茶のちもと
〒250-0311 神奈川県足柄下郡箱根町湯本690
電話:0460-85-5632
営業時間:
平日 10:00~16:30 (L.O. 16:00)
土日祝 10:00~17:30 (L.O. 17:00)
http://chanochimoto.com/

箱根湯寮
〒250-0315 神奈川県足柄下郡箱根町塔之澤4
電話:0460-85-8411
営業時間:10:00〜21:00
http://www.hakoneyuryo.jp

神奈川県に移住して2年目の会社員。
コスメコンシェルジュ。

趣味は写真撮影。

  • 宿泊
    予約