Blog

ブログ

h

新連載「箱と根」スタートに向けて。まちを歩くと、何が見える? 地域に根ざした、いろんな「生きる」を届けます

箱と根インタビュー・まえがき

みなさんは、思い出すと懐かしく感じる「まちの風景」はありますか?

わたし、藤本あやは、神奈川県に暮らして7年目。まだ知らない土地を訪れることや「まち歩き」が大好きで、全国各地を訪ね歩いてはインタビューをする小さな旅を続けています。 自分の足で歩いて、見て、感じて、少しずつ知ることが好きなのだと思います。

1

ただ、一つだけ課題をあげるとしたら、方向音痴ということ。

ひとりで歩いていると必ず道に迷います。「絶対に、この道に違いない!」と信じて進んだ道の、逆方向を選んだほうがいいくらい迷います。そのため、あらゆる事態に備えて早めに行動したり、地図を何度も確認することが欠かせません。

しかし、自分の足で歩いた場所のことは分かります。きっと、実際に触れた体験と共に記憶に残っているのだと思います。今だから言えることですが、道に迷うってそんなに悪いことじゃないのかもしれません。

そう思えたのは、人との出会いでした。出会う人に臆せず声をかけることは、地元の人と関わることにつながっていたのです。

遠回りすること・間違いをおそれないこと

これまで、道行く人に声をかけたことがきっかけで、まちを案内してくれることになり、思わぬ場所を訪れることがありました。

7

お散歩中のおばあちゃんに出会い、 そのまちに伝わる昔話を聞かせてもらいながら歩いた景色のことをよく覚えています。 畑の近くを歩いているとき、「見てみるかね?」と旬の野菜を見せてもらい、そのまま収穫を手伝うなんてことも。 大きな荷物を背負って歩いていると、珍しそうに話しかけてくれる方もいました。

6

行く先々で助けてくださった方のおかげで、今まで知らなかった「まちの魅力」に出会える機会に恵まれています。

古い町並や建物に惹かれて、特に何も決めずに歩くこともあります。立ち寄った酒蔵や銭湯には、長く続いてきた営みの姿が残っていました。

作り手の工房を見かけて、職人さんの手と技に見とれることもしばしば。八百屋さんや、魚屋さん、地元の人から愛されるごはん処。そこで交わされる活気のある会話に混ぜてもらいながら、知らないでいた土地の魅力に触れる喜びを感じてきました。

道に迷い続けてきたわたしも、今では「目的地に到着できないかも」という不安よりも、まわり道を楽しむような気持ちで訪れています。

そして、「気になる人」や「まちのこと」をもっと深く知りたいと思うことが増えてきました。

「まち」と「人」が風景をつくる、その背景にある思いを届けたい

わたしが気になっているのは、地域に根ざして暮らし、その土地に身を置いて働く人のこと。

それも、あまり語られてこなかったような話や、自ら目立とうとはしない働き手の存在です。主張することよりも、日常生活や仕事で何気ない工夫を続けている。一見すると小さな変化の連続ですが、ありのままの素顔を垣間みたようで、とても惹かれていたのです。

odawara

まちと人との関わりの中で育まれた時間が、風景のように息づいている。

人が風景をつくるなら、その背景にある思いを尋ねるには、観光スポットを巡ることや自然を見て感じるだけでなく、お話を聞くことではないかと考えました。

そんな思いを抱いていたとき、ご縁があって箱根に辿り着きました。 こうして、お話を届ける機会をいただけたことが嬉しいです。

箱根にも思い入れがあるのですが、このお話はまたどこかで。箱根を出発して、どこまで行けるのか、気持ちのよい流れに身を任せてみたいと感じています。

連載「箱と根」とは?

今回から、連載をスタートする「箱と根」は、誰かの居場所や止まり木のような空間をつくる人、地域に根を下ろして暮らし・働く人の想いをきいて届けるインタビューです。

2

「箱」と「根」それぞれに視点を置きつつも、ふたつ合わさることで「箱根」となるような、まちと人のつながりをテーマに名づけてみました。

「箱と根」は一日限りのインタビューではなく、じっくりと長い時間をかけて向き合いたいと考えています。読み進めていくと少しずつわかる、まるで一冊の本のような感覚です。

箱根だけでなく周辺にある環境を含め、まちに関わる人の様々な声に、耳をすませることから始めてみたいと思います。

何度も会話を重ねた先に、ようやく見えてくる景色を、みなさんと一緒に見つめられたら幸いです。

ライター、インタビュアー。
神奈川県を拠点に、きく・話す・書く・つくる・伝える仕事に関わる。
興味と関心は、日常と暮らしの延長線上にあること。衣食住と人。
小さな旅を続けながら、いろんな地域でインタビューと対話を重ねる。
ものづくりユニット・KULUSKA(クルスカ)でデザインとワークショップを担当。暮らしながらつくる実験室「LIFE&CRAFTS LAB」主宰
  • 宿泊
    予約