Blog

ブログ

h

【箱根で働く】に関する座談会 プロローグ-次の『生活』を考えてみる。

ごあいさつ

こんにちは。縁があってあうら橘さんのブログを書かせて頂いております土屋と申します。普段は某エステサロンのフロントで働いています。自他共に認める美容・健康オタクで、そんな仕事に就いてます。

今年で社会人2年目。実家を初めて離れて暮らすのも2年目。そろそろこの生活にも慣れてきた今日この頃。このままで良いのか迷いが生じで来ました。それはそれは、茅ヶ崎の海で朝日を浴びながらヨガをしてしまうくらい悩みました。

IMG_4484

そんな時に出会ったユニークな旅館

そんな時に出会ったのが箱根のオシャレな旅館「あうら橘」さん。ひらがなと漢字のハイブリッドな名前もオシャレ。料理もオシャレ。お部屋もオシャレ。あうらさんのブログでこんな風に褒め言葉ばっかり書くと、「広告だなー」って思われてしまうのでこの辺でおしまいにします。 笑

箱根が良いなぁと思った理由

あうらさんのブログを通じて箱根の良いところを紹介させて頂いく中で、働く場として箱根を選ぶのも良いんじゃ無いかな?と感じて来ました。
まだ少ないですが、過去の記事のリンクと共に私の箱根を気に入ったポイントをご紹介させて頂きます。

美味しいモノがある。
黒たまごさんとか。

温泉も様々な種類がある。
日帰り温泉も行きやすい雰囲気とか。

都心から遠すぎず電車のアクセスも悪くない。

国際色豊かなお客様たち。
自分以外は外国人という状況になったとか。

賑やか過ぎない雰囲気。

イベントも豊富
スイーツコレクションとか。

おぉ、箱根って私の好きなタイプ!

就職活動を始める前に。

でも箱根での働くって実際どうなんだろう?ホテルや旅館が勤務場所?衣食住はどうしているのかな?どんな人が働いているのかな?まずは箱根で働くとはどんな感じなのか知りたくなりました。

そこで、あうらスタッフさんに「『箱根で働く人の日常』ってどんな感じですか?」と伺ったところ…

箱根で働く人達を快く紹介して下さいました!

s_DSC_0033
右から順に
元湯環翠楼の梅村哲さん(創業400年以上の歴史を守る若旦那さん)、
箱根湯本ホテルの秋山恵利さん(美味しいパンを作るスタッフさん)、
金乃竹塔ノ澤の保科萌子さん(マーケティングや人事など幅広くご活躍中!)、
吉池旅館の仲間梢さん(フロント業務をご担当)。

皆さん20代で年齢が近い事もあり、初めてお会いするのに最初から話が盛り上がっちゃいました♪

今転職を考えている皆さんや、これから社会人になる方にも参考になりそうなお話が満載でしたので、少しずつアップさせて頂けたらと思います。さて、私も箱根の仲間に入れて頂く事になるのでしょうか?それもお楽しみにー♪

会場のご紹介

今回座談会の会場としてお世話になったのはおいしいパンがいっぱいの人気のパン屋さん、箱根ベーカリーさんの本店。座談会に参加して下さった秋山さんはこのパン屋さん隣の工場で働いていらっしゃいます!

梅村「スタッフさん達のオススメはなんですか?」

秋本「私の一番オススメは【ショコラ】です。従業員の中でも人気です」

梅村「あれ?置いてあった?」

保科「(商品棚を見て)もう後1個しか置いてない!」

秋本「お客様にも人気なので」

梅村「作っている人が言うんだから間違いないね」

仲間&保科「間違いない!」

―「【箱根】とか【足柄】とか限定感のある名前に惹かれちゃうのは箱根ビギナーですかね」

秋本「笑」

イートインでは、アルプスの少女ハイジに出てくる事で有名なとろーっと濃厚な味が病みつきなラクレットチーズをたっぷりかけた【ラクレットチーズトースト】が人気だそうです。

お土産にはパン作りのノウハウを活かした焼き菓子の詰め合わせがオススメ。最近バラエティも豊かになり力を入れているそうです!定番のパンもありますが、季節限定の味もその時しか会えないお楽しみ。美味しいパンとお菓子を是非ともご賞味下さい♪

店舗情報

箱根ベーカリー箱根湯本本店
神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋184
TEL:0460-85-8876
営業時間 : 9:00~17:00
定休日:水曜日

次の座談会記事
【箱根で働く】に関する座談会 その1-場所

神奈川県に移住して2年目の会社員。
コスメコンシェルジュ。

趣味は写真撮影。

  • 宿泊
    予約