Blog

ブログ

h

緑・茶・建築。小田原『松永記念館』に行ってきました【いざ松永記念館1】

こんにちは。WEB担当の槙です。箱根もだいぶ暑くなってまいりましたが、新緑はまだまだ美しい今日このごろでございます。

新茶の時期です。

さて5月は新茶の時期ですね!ダイニングでお出ししている緑茶も新茶になりました。

神奈川県には足柄茶というブランドがありまして、先日その足柄茶の新茶が飲める機会がありましたので行ってきました!

場所は小田原と箱根湯本の間、箱根板橋にあります「松永記念館」小田原ー箱根湯本間は箱根のゴールデンルートに影に隠れてなかなか目立たないですが、実は気になっているスポットです。

松永記念館とは

s-2017-05-20 10.52.40

松永記念館は、戦前・戦後と通じて「電力王」と呼ばれた実業家であり、数寄茶人としても高名であった松永安左ヱ門(耳庵)が、昭和21年に小田原へ居住してから収集した古美術品を一般公開するために、昭和34年に財団法人を創立して自宅の敷地内に建設した施設です。
引用:小田原市役所HP『郷土文化館分館 松永記念館』より

国登録有形文化財もあるとのことで施設自体もとても楽しみ。

いざ松永記念館へ

アクセス情報いわく、箱根登山線「箱根板橋」から徒歩10分弱。この日行きは自転車で行きましたが、帰りは実際に箱根板橋駅まで道中写真をとりつつ歩いても10分くらいでつきました。

s-2017-05-20 10.30.26
この日行きは会社から自転車で行きましたので電車から行く場合はあまり参考にならないかも…

s-2017-05-20 10.30.37
ほぼ消えかけの看板

s-2017-05-20 10.31.05
ここらへんは意外と水路が豊富にありまして

s-2017-05-20 10.31.38
いい感じの石段

s-2017-05-20 10.33.19
しばらく行くと

s-2017-05-20 10.33.32
また看板。ここから駅からの道と合流します

s-2017-05-20 10.33.53
目印が要所要所にありましたので迷うこともないかと

s-2017-05-20 10.34.00
看板に従って行きますと

s-2017-05-20 10.34.07
右手には「OTA MOKKO」さん!箱根で寄木細工を調べると必ず出てくる、新進気鋭の寄木細工作家さんです。
波板トタンの壁がいい味出してる工房兼お店。またぜひ伺います!

s-2017-05-20 10.35.33
看板に従い

s-2017-05-20 10.36.33
駐車場もあるので車でも来れます。

s-2017-05-20 10.37.10
もちろん駐輪場もありましたよ!(ロードバイクで来る場合も一応立てかける場所もありました)

s-2017-05-20 10.36.47
諏訪の原・西部丘陵ウォーキングコースの一部らしい。近くにあるらしい諏訪神社にもぜひ行ってみたいです。

やってまいりました松永記念館

s-2017-05-20 10.39.42

s-2017-05-20 10.40.16
とても気軽に入れました。一人500円也

s-2017-05-20 10.41.23
スイレンが浮かぶ池。開花時期は5月中旬~8月上旬ということで、花が咲くのはこれからですねー

カメラ片手が面白い

s-2017-05-20 10.49.18 s-2017-05-20 10.48.44 s-2017-05-20 10.48.25 s-2017-05-20 10.43.36 s-2017-05-20 10.45.10 s-2017-05-20 10.45.48 s-2017-05-20 10.46.23 s-2017-05-20 10.47.03 s-2017-05-20 10.42.40
インスタ映えするであろう集

写真好き、特に苔好きの人にとっては絶好のロケーション。木漏れ日と苔、石のディティールなどなど。

とても気持ちがいいお庭。

s-2017-05-20 10.43.00

庭をまわるってのも、いいもんですね

庭の鑑賞なんて、修学旅行でも残念シーンの一つで何が楽しいのか分からなかったものですが、カメラを片手にゆっくり緑を眺め、苔に触れ、日本家屋の趣も愛でる。

とっっても有意義!!

s-2017-05-20 10.45.10

新茶を飲みに行くと言ってまだまだお茶が出てきてませんが、次回は村上春樹ゆかりのあの人について。(まだお茶が出ないΣ)

ではではまた次回!

1988年生まれ。
あうら橘ダイニング→WEB担当勤務。コンビニで働くうちサービス業の楽しさに目覚め、ある本をキッカケに観光業への転身を決める。

いつか箱根で特技を披露することが野望。
特技:身長3mになること(スティルト(西洋竹馬))

  • 宿泊
    予約